株で負けることでモチベーションが下がり楽しくないと感じる方も多いでしょう。今回は今までよりも株式投資を楽しめる方法を紹介します。

  • ホーム
  • 資生堂の株を買うなら一寸先が闇であることを

資生堂の株を買うなら一寸先が闇であることを

パソコンとお札の束

資生堂は化粧品メーカーとして誰もが知っている有名な一流企業であるため、投資を始める時に株を買ってみようと思う人も多いものです。
株価も3000円に満たないぐらいであるため、30万円ほどあれば購入をすることができるので余裕のある範囲で投資をすることができます。
更に資生堂な2012年の終わりごろから右肩上がりで上昇を続けていて、2015年の8月には3327円の高値をつけてから一服傾向にありますが、再度上昇をして3000円近いところまで値を戻しています。

そのため、さらなる上値余地も期待をすることができるので妙味のある銘柄ですが、実際に購入する時にはいい部分だけではなく下落の可能性も考慮に入れて投資をしなければなりません。
トレンドとしては上昇傾向が続いていますが、投資の世界は一寸先が闇ですから買ったところが天井となってしまうことも十分に考えられます。
失敗をした時のことを考えては投資ができないと思うかもしれませんが、投資というのは成功した時と失敗した時の両方を考えて投資をする必要があるのです。
買った後に値が下がっても戻ってくる可能性はありますが、それがいつになるかはわかりません。

早めに損切りをしていれば最小限の損失で抑えることができたのに、損切りを遅らせていた結果として投資した金額が半分になってしまうということも考えられるのです。
事前に逆方向に動いた時のビジョンも描いておかなければ、考えていた方向と逆に動いた時に適切な対処をすることができず傷口を広げてしまうということは多いものですから必ず損失が出た時の事も考えて投資をしましょう。
それを怠らなければ資生堂は非常に魅力のある、投資先となります。

関連記事